■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■長い独り言ができてブログはべんり



っていう話をしようっと。
クッソ長い上、読むと私のきもちわるい自己陶酔雑談に時間を食われますでな、これを読もうなどという物好きは、
そのつもりで「続きを読む」を押したまえよ。

あのね、私ブックレット大好きなんですよ。
音楽CDに限らず、ゲームの取説とか映画のパンフレットとか、なんなら本のオビとか、そういう付属品が好きでね。
あとDVDの盤面印刷とか、お菓子のパッケージとかでもいい。
ああいう些細な部分の、細やかに行き届いた、あるいは適当に詰め込まれた、情報の些細な力を愛している。

なので、音楽を購入する時に、CDアルバムっていう形で手元にあるのが最高にうれしいんですよ。
データで買うより、ブツで欲しい。
で、CD、特にプラケースに入ってるやつは、パッケージとして とても贅沢で、小さな本がついてて、
きっちり折られた紙で装飾してあって、カセットテープやアナログレコードよりフォーマットが好きなんだ。

----

なんかCDアルバムのフォーマットへの愛を語ってしまった。
そういう話をしようとしたんじゃなかったんだけど。まあいいか。

でさあ、タワレコのHR/HM(ハードロックおよびヘヴィメタル)の棚が、それはそれは狭くなってたわけですよ。
店頭で思わず「せま」って口から洩れたね。
でも、買いたかった Steve Vai の「Modern Primitive」は2つも並んでいた。
さすがギターゴッド~ くそ売れ一流ミュージシャン様や~~~ と思うとともに、こんな極東まで届いてくれて
ありがとうなあ と思うわけです。

----

うわ今MIKAの2009年のアルバム(the Boy Who Knew Too Much)聴きながら書いてるけどクッソいいな
最高かよこの下まつげ。

----

でね?(閑話休題)
流通に乗る音楽というのは、生き馬の目を抜くショウビズの中で、実力や運やコネクションを以て、
それらを切り売りするみたいにして、各々 "成功" だの "失敗" だのしていくわけだけど、
そういう資本主義的な活動したくない、俺が作って演奏して、それを好きだって思う みんなが聴いてくれれば
それでいいのに、生きるために売らなきゃいけないし、こうした方が受けるし売れるから こっち路線で1枚作ってから
次の企画やりなさいみたいなことレーベルに言われると凹む、みたいなことを言ってるやつがいるわけですよ
Devin Townsend っていうやつなんですけど!!!!!

馬鹿なことを言うなと。
お前がどんだけ お歌をれんしゅうして でかい声が出せるようになったからと言って、
ひとたび建物を出たら、街を出たら、森を挟んだら、山を越えたら、聞こえなくなってしまう音量でしかない。
どんなに強い思いや、大きな望みがあったところで、それだけでは人ひとりの力は驚くほど微かだ。

でも マイクがあったら、あちこちに赴いたら、収録して世界中に配られたら、ものすごい広さで共有される。
極東の、お前が知りもしない他人の私の鼓膜を、大音量で揺さぶる事が出来る。
魔法じゃないか。

しかし「マイクがあって、あちこちに赴く」っていうとこまでのレベルの魔法だと、届かないんだ この小国まで。
申し訳ないが、あなたを凹ませるショウビズの流通魔法を使ってくれないと、私の鼓膜まで聞こえないんだ。
すまん。
流通にのっていてくれてありがとう、今後もお願いします。

----

事程左様に、知り得ぬ世界の良きもの、この世に無数にあるんだろうな。
今後生きる上で、そのうちのどれかと ぶつかれたら幸運だろう。
心酔するような「良きもの」と出会うのって、砂漠の針を探すみたいに難しいけど、
そのうちのひとつと出会えていて嬉しいです。

いきていてくれて ありがとう。
LOVE。
あと PEACE。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

ふとん

Author:ふとん
ニコニコ動画で
ゲーム実況やってました
今は生配信している

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。